FC2ブログ

tumugu * diary

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

1がつ12にち* 


*3年前のゆりあ*

この頃.. ゆりあにとって私は悪魔だったに違いないT^T

「こっちこないで..」

P1250322.jpg

人との接触が全くなかったようで
近づこうとすると、サークルの角でぷるぷる震えて固まってました..

しかしながら、逃げ足は超速かった!
壁を蹴って、三段跳びして逃げられたこともあったな〜
その辺は、今の脚力を彷彿とさせます(笑)


* ふたつのランキングに参加します *
応援のぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

拍手を下さるみなさま、ありがとうございます!
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 4 | edit

コメント

こんばんは。
ゆりあちゃん、とってもつらい環境で育ったのですね。
悲しみと同時に怒りが湧きました。
大切な命を人間の勝手で金儲けの道具にされるなんて・・・。
どんなに悲しい思いをしてきたのでしょうね。

でも今は、優しい家族に囲まれて笑顔いっぱいのゆりあちゃん。
きっと、今の幸せを心からかみしめているのでしょうね。
それが、私も本当に嬉しいです。
たくさんたくさん幸せになって欲しい。
そして、以前のゆりあちゃんのように悲しい思いをするワンコたちが
いなくなることを祈ってやみません。

BLUE #- | URL | 2015/01/12 20:33 * edit *

ゆりあちゃん、大変な思いをしてきたんですね。
ママさんから全力で逃げ回るなんて、
よっぽど辛い環境下で過ごしていたんですね。
でも、そんなゆりあちゃんを神様はちゃんと見ていてくれて、ゆりあちゃんに最高のプレゼントを用意してくれていたんですね。
ゆりあちゃんが今毎日を穏やかに過ごせているのも、パパさん、ママさん、けんちゃんの愛情がゆりあちゃんに伝わったからこそですものね。
そして、みんなの愛情を一身に受けたゆりあちゃんは、今ではけんゆり家の皆さんだけでなく、我々にも愛情を注いでくれる犬っ子ちゃんに変身しましたよね。
最初に会った頃のゆりあちゃんは、なかなか触る事が出来なかったけど、
今では、『また、このおじさんあたちのこと触りにきたよ~、しょうがない許してやるか』とナデナデを許してくれるようになりました(^o^)
いつかゆりあちゃんを抱っこ出来る日が来るといいな~

ママさんも大変な苦労をされながら、ゆりあちゃんを育ててこられたかと思いますが、ゆりあちゃん見事にママさんの想いに応えてくれましたね(*^^*)

コマ風メイパパ #knViXXwU | URL | 2015/01/13 01:20 * edit *

B L U E さん♬

こんばんは!
ゆりあへ温かいお言葉ありがとうございました^^*

放棄された仲間は、全部で15頭以上いたんですが
お陰様で、みんな無事にセンターを出ることができました。
どの子もみんなビビリで、家庭犬になるまでの道のり..
ゆりあ同様、長い長いものだったと思います。
私の住む町のセンターには、熱心に活動されている方がいて
期限が切れても、命をつなぐことができますが
ボランティアさんの活動のない他の市町村の場合だったら..
この世にもうゆりあは存在しなかったかもしれません(涙)
持ち込みされた犬たちは、迷子の犬たちと違って、保管対象でなく
殺処分対象ですもんね。。

どうか悲しい思いをするワンコたちがいなくなる日が来ますように..

ken-yuri mama #- | URL | 2015/01/13 23:19 * edit *

コマ風メイパパさん♬

コマ風メイパパさん!
私たち家族へ温かいお言葉をありがとうございました^^*
読んでいて.. ジーン..
涙がでてきそうでしたよーーー!!!
パパさんのように優しい飼い主の方々ばかりだったら、この世の中から
悲しい思いをするわんこたちはいなくなるのだろうなぁ(涙)

『また、このおじさんあたちのこと触りにきたよ~、しょうがない許してやるか』とナデナデを許してくれるようになりました(^o^)

↑パパさんのゆりあとのやりとり、想像してニヤニヤしちゃいました^^
ゆりあ、ずいぶん上から目線ですよね〜 まったく〜!!!
コマ風メイパパもママも、いつもゆりあを気にかけてくださって
根気強く優しく接してくださって、本当にありがたく思っています^^*
コマ風メイちゃんのように、なつっこくってお尻プリプリで近寄ってくれて
わしゃわしゃ撫でさせてくれる日がくると良いな〜!

ゆりあの抱っこは、相変わらず危険度ランク、レベル5段階中の「5」
昨年末の病院でも、キャルーバックの中に入ったまま診察してもらい
注射の時はバスタオルをキャリーバックにつめこんで身動きとれなくなったところを
背中側のチャックを開けて、ブスっと刺してもらって終了でしたよ(汗)
抱っこだと、私一人では押さえきれず暴れてしまって注射を打てないんです。。
かといって、たくさんの人に押さえ込まれることは、ますます人間不信になるので
今回は、キャリーバック作戦でした!
まだまだ克服しなければいけないことはいっぱいありますが
ゆりあのペースに合わせて、やっていこうと思っています!!!

ken-yuri mama #- | URL | 2015/01/14 10:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。